作文「失敗から学んだこと」 file.3


*注意 この事件は実際より少々オーバーに表現していることがあります。またHTML文法はかなり無視してますので注意。

*作文 人に読ませるのは嫌ですがまあ思い切って公開に踏み切ってみました。ダメ出し食らったら消えるかもしれません(ぇ

*はっきりいって俺は作文が大の苦手です。ちなみに専門家からダメ出しをくらいました!

*作文はこの前の公務員模試(2004年4月第1回)が舞台。作文(課題字数600字)を1,020円で専門家に診てもらっただけw


 自分では、「失敗」というものは、小さいものはわかりにくく気が付きにくいものですが、大きな失敗を犯してしまった時、「失敗は成功のもと」ということわざをふと思い出すことがあります。
 まず、失敗といえば大まかに私は、学校生活や私生活の他に主として部活動での失敗が多いと思います。
 学校生活での失敗を例として挙げてみるとすれば、まず「人間関係」です。人とのコミュニケーション。──いくら仲が良い友人だとしても相手に不快な言葉をいってはいけないということを第一に感じました。
 次に部活動の面では、現在、私は○○部に入部しているのですが、良い作品を作るために「何度も何度も練習」するというものが基本です。例えば、、、(中略)、何度も練習し直し、学んでいき、よりよい作品を創り出すということです。もう1つ、部活動を休む時、連絡する時間がない、という理由だけで勝手に休んでしまって先生に多大な迷惑をかけたことがあります。それからは、休む場合には、当たり前のように必ず連絡するように心がけています。
 以上のように人間は失敗を重ねて成長するのだなぁ、と改めて実感し成長できるのだと思いますし、失敗しないト力も必要不可欠な要素だと私は学びました。

<専門家からのコメント(まとめ)>
失敗してしまった出来事を書き並べる必要はありません。エピソードとして1つ挙げるとよいでしょう。
そして、そこで学びえたものについて書くことが大切です、人間関係でどのようなことを学び、あなた自身がいかに成長できたのか述べれるようにします。その部分をしっかり押さえてください。また、失敗を失敗だけに終わらせずこれからにどう生かしていくかも考えて見ましょう。前向きに伸ばしていくことをアピールするとよいです。
※600字程度の文章では内容ごとに3〜4段落構成にしましょう。

<総合評価>(優秀)〜(不十分)まであります)
(標準的な成績ですが、あと一歩の努力の努力を期待します。アドバイス欄のコメントを参考に、さらなるレベルアップを図ってください)

<講評とアドバイス>
失敗してこことを書くだけに貯めず、そこで学んだものや、あなたの成長ぶるを示すとよいでしょう。人間関係で学び得たものを書き、それをどのように反映させているのか、述べてみましょう。そうすることで、失敗を前向きに生かしている姿をアピールして下さい。 

(どーでもいい話(by.エース))
 我ながら恥ずかしい文の公開ですねw
実はかえってきたコメントは全て手書きで消しゴムで消去可能な赤ペンを使っていました。なので微妙に間違った筆跡が残ってるものもありましたw
文中の赤字の部分はなんか修正すべき部分としてチェックされた部分です。

 

記事 2004/05/21
模試実施日 2004/04/下旬